最高のヨガ継続教育東京|スキルアップ講座|他専門分野の知識と技術を吸収
最高のヨガ継続教育東京|スキルアップ講座|他分野の知識と技術を吸収|
 
 
メレリエ スクール オブ ヨガ
CONTACT☎03-5547-3380
※RYT500との関連はありません。メディカルやスポーツ関連における
多様な科学の対応に特化したものです。
※他校卒業の人でも上を目指す人は受講できます。1講義につき2500円
super visor
理学療法士( physical therapist) 
福島沙季
 
文京学院大学 理学療法学科を卒業後、理学療法士の免許を取得し、横浜の急性期病院に勤務。 病院では様々な分野のリハビリを担当するが、主には入院では内部障害疾患(肺炎・心不全・腎不全・糖尿病・癌など)を、外来では内科・整形外科疾患のリハビリを担当。 現在は都内のリハビリ特化型デイサービスにて勤務。管理業務傍ら利用者様への運動指導を中心に行っている。 スポーツは小学生から中学までは水泳を、中学から大学まで陸上競技(長距離)をしており、現在はトレイルランニングに挑戦中。 (高校では駅伝で関東大会には毎年出場) 自身のケガ(腰椎椎間板ヘルニア・前十字靭帯損傷・半月版損傷・足底腱膜炎・捻挫・シンスプリント・外反母趾など)による手術や実際にリハビリを受けた経験、また今現在日々の仕事での経験・知識も活かして、ヨガ・ピラティスの持つ潜在性について追及。スポーツ障害等への対応や安全に且つ楽しく効果を最大限引き出すヨガのアーサナ・ピラティスのムーブメントをクリエイトする。 そのほかにもウーマンズヘルスにも興味があり、女性の身体ならではの問題を考えながら様々な活動に参加し 「女性がありのままで輝ける日本であれる」と言うテーマにおいても研究を継続中。人柄もサバサバ体育会系で人間関係を大切に歩んでいる。メレリエ思考の全ての運動学をさらに高みへと導く。謙虚でインストラクター達の信頼も厚い。医学書院発行の理学ジャーナルでも福島沙季先生の学会発表は取り上げられている。
 
福島沙季 著 関連書籍
                                                           
   
  
                                            
 

MereLiye Quality Labo 1000   
今後の予定


~触察力によるアセスメント~
★2019年5月12日  理学療法士の視点で見る機能性の分析  LV1
19:30~21:30 理学療法士  福島 沙季講師

★2019年6月9日            運動生理学と解剖学LV1

19:30~21:30 健康運動実践指導者 YAMADA SACHI講師

★受講時間は少ないもので2時間
多いもの土日2日間16時間に及ぶ事も有ります。
TT以外全て参加費1,000円
※金文字はTT
 
※卒業生はマタニティ・シニア・ピラティス
世間相場の約半額程度で受講できます

終了講座

2019/3/10終了
2019/4/14終了
 
PilatesTeacher Training 

 
多田 紗依子

MQL-MP
ピラティス マスターインストラクター
日本のYOPI第一人者
 
 

MQL-MP

メレリエ クオリティ ラボ -マットピラティス
インストラクター養成講座
(最低限解剖学の基礎専門用語が解る人対象の資格になります。)
 
 
ピラティスはもともとリハビリ医療の中で出来たもの。
 
メレリエでは原点に返り再び時代に合ったピラティスを
 
より専門性を持たせる為、再度構築。
 
機能解剖学視点で新たに精査し
 
生かせるピラティスを創りました。