理科ヨガ研究室

 
 
Science yoga laboratory
 
 
これからヨガは新展開を迎える 
 

今後の予定 

 
 

 
脊柱|側屈・回旋
 
カップリングモーション
 
2019年11月10日(日)19:30~21:30
 
講師 福島沙季 理学療法士

 
全て参加費1,000円
 
 .

終了講座

2019/3/10終了
2019/4/14終了
2019/5/12終了
触察(肩甲骨)
福島沙季 理学療法士
2019/6/9終了
運動時の酸素利用
山田さち 運動実践指導者

2019/7/14終了
触察~脊柱基礎編~
福島沙季 理学療法士
 
2019/9/15日終了
触察~脊柱前屈後屈~
福島沙季 理学療法士
itsuki~フリートーク~
ヨガビジネスと中級編
super visor
理学療法士( physical therapist) 
福島沙季
 
文京学院大学 理学療法学科を卒業後、理学療法士の免許を取得し、横浜の急性期病院に勤務。 病院では様々な分野のリハビリを担当するが、主には入院では内部障害疾患(肺炎・心不全・腎不全・糖尿病・癌など)を、外来では内科・整形外科疾患のリハビリを担当。 現在は都内のリハビリ特化型デイサービスにて勤務。管理業務傍ら利用者様への運動指導を中心に行っている。 スポーツは小学生から中学までは水泳を、中学から大学まで陸上競技(長距離)をしており、現在はトレイルランニングに挑戦中。 (高校では駅伝で関東大会には毎年出場) 自身のケガ(腰椎椎間板ヘルニア・前十字靭帯損傷・半月版損傷・足底腱膜炎・捻挫・シンスプリント・外反母趾など)による手術や実際にリハビリを受けた経験、また今現在日々の仕事での経験・知識も活かして、ヨガ・ピラティスの持つ潜在性について追及。スポーツ障害等への対応や安全に且つ楽しく効果を最大限引き出すヨガのアーサナ・ピラティスのムーブメントをクリエイトする。 そのほかにもウーマンズヘルスにも興味があり、女性の身体ならではの問題を考えながら様々な活動に参加し 「女性がありのままで輝ける日本であれる」と言うテーマにおいても研究を継続中。人柄もサバサバ体育会系で人間関係を大切に歩んでいる。メレリエ思考の全ての運動学をさらに高みへと導く。謙虚でインストラクター達の信頼も厚い。医学書院発行の理学ジャーナルでも福島沙季先生の学会発表は取り上げられている。
 
 
福島沙季 著 関連書籍
                                                           
   
  
                                         
 
  
 
 
 
中村尚人
オフィシャル
ウエブサイト
理学療法界に最近ヨガの導入が始まった。
独自の研究ルートを持つメレリエ
であるが、中村尚人氏の存在と動向には
注目している。
福島沙季 理学療法士
現役理学療法士で
メレリエで物理ヨガの新展開の架け橋
医療従事者の人脈と経験で
メレリエの中核を担いながら
学び続ける。
PTジャーナル他、理学論文が
取り上げられている