何故メレリエが機能解剖学
運動学を重んじるのか

 


医薬品や整形外科を必要とする膝・肘・腰に慢性的な痛み(骨折・捻挫等の靭帯は損傷を除く)を訴える症状に対して最も効果が高くそして副作用の無い最大のサポートが運動なのです。
過去の論文をまとめて、結論を出す手法をとるシステマテックレビュー/メタアナリティクスでは44の研究(合計3537人)運動療法(エクササイズ)は痛みの改善、身体機能及び生活の質の向上に役立つとされています。
だから、予防医学の観点で見た時にも何を重んじるかを考え直していく必要があるのです。
脳は代表とする中枢神経と呼ばれる器官が身体の異常な状態を危険と判断した場合に感じます。だからこそトレーナー・インストラクターは人に対して過剰・異常な動きを感知し指導する技術が必要なのです。それにより、パフォーマンス向上の際にも慢性化する痛みに対しても運動する事で筋力や柔軟性の向上により効果をもたらしてくれるのです。
そしてヨガの動きの整合性は人の身体に対して各個々に合わせた「段階」の範囲で行えば運動の中でもより効果を産み出せるものです。その中で残念ながら現在ヨガでの怪我は増加中です。また医学者達もヨガインストラクターの知識の無さを指摘される方が多いのです。
だから、如何に重用されるべきヨガを安全に行えるか。そして社会の為にもヨガインストラクターが機能解剖学・運動学を追及する環境を整える為にメレリエではそれらを重視しているのです。そして履修後は人の身体を誘導する際に最低限必要不可欠な知識である事が解ると思います。


 
 
エデュテク総合研究室

すべての社会に本気で貢献 
 
Science  laboratory
 
これから予防運動は新時代を迎える 
 

今後の予定 


 

 
参加費1,000円
 
super visor
理学療法士( physical therapist) 
福島沙季
 
文京学院大学 理学療法学科を卒業後、理学療法士の免許を取得し、横浜の急性期病院に勤務。 病院では様々な分野のリハビリを担当するが、主には入院では内部障害疾患(肺炎・心不全・腎不全・糖尿病・癌など)を、外来では内科・整形外科疾患のリハビリを担当。 現在は都内のリハビリ特化型デイサービスにて勤務。管理業務傍ら利用者様への運動指導を中心に行っている。 スポーツは小学生から中学までは水泳を、中学から大学まで陸上競技(長距離)をしており、現在はトレイルランニングに挑戦中。 (高校では駅伝で関東大会には毎年出場) 自身のケガ(腰椎椎間板ヘルニア・前十字靭帯損傷・半月版損傷・足底腱膜炎・捻挫・シンスプリント・外反母趾など)による手術や実際にリハビリを受けた経験、また今現在日々の仕事での経験・知識も活かして、ヨガ・ピラティスの持つ潜在性について追及。スポーツ障害等への対応や安全に且つ楽しく効果を最大限引き出すヨガのアーサナ・ピラティスのムーブメントをクリエイトする。 そのほかにもウーマンズヘルスにも興味があり、女性の身体ならではの問題を考えながら様々な活動に参加し 「女性がありのままで輝ける日本であれる」と言うテーマにおいても研究を継続中。人柄もサバサバ体育会系で人間関係を大切に歩んでいる。メレリエ思考の全ての運動学をさらに高みへと導く。謙虚でインストラクター達の信頼も厚い。医学書院発行の理学ジャーナルでも福島沙季先生の学会発表は取り上げられている。
 
 
.

大野 亮講師
 Occpationl Therapist)

 
 
【保有資格】
作業療法士・鍼灸師・介護福祉士
【訪問施術の治療内容】
・慢性疼痛への鍼灸治療
・カッピング療法
・美容鍼灸
・リハビリテーションコンディショニング
・パーソナルトレーニング

 
 

 
 
 
1983年生まれ 千葉県出身
2002年より福祉・医療の仕事を始め、リハビリテーション病院、施設などに勤める。
現在は、都内の訪問リハビリに勤務し、その傍らで個人事業主として、作業療法士・
鍼灸師を活かし出張型の訪問施術、イベント、セミナーを行っている。

大槻彩乃講師
 Occpationl Therapist)

【保有資格】
・作業療法士
・ヨガインストラクター
・キッズピラティス
・アロマセラピスト
【活動実績】
・セラピスト運営団体
 Walk Factoryヘルスケア部門代表ヨガインストラクター
・キッズピラティス(教室)
 
 
 
 
1990年生まれ 東京都出身
2014年より、回復期リハビリ病院、デイサービスなどに勤め、脳梗塞後遺症の方や整形
疾患の方のリハビリに従事する。現在は、都内の訪問リハビリに勤務し、
その傍らで理学療法士らが運営している共同スタジオでヨガインストラクターとして、活動している。
医療従事者の視点で女性の身体・精神面からサポートしたヨガを提供し、好評である。

終了講座

2020/03/08終了
大野亮・大槻彩乃(両作業療法士)
女性ホルモンと触察
 2019/11/10終了
福島沙季 理学療法士
触察~回旋・側屈~
2019/10/13終了
itsuki~フリートーク~
ヨガビジネスと中級編
 
2019/6/9終了
運動時の酸素利用
山田さち 運動実践指導者

2019/7/14終了
触察~脊柱基礎編~
福島沙季 理学療法士
2019/9/15日終了
触察~脊柱前屈後屈~
福島沙季 理学療法士
 
2019/3/10終了
2019/4/14終了
2019/5/12終了
触察(肩甲骨)
福島沙季 理学療法士
福島沙季 著 関連書籍
                                                           
   
  
                                         
 
  
 
 
メレリエは先進性リハビリシステム
や予防医療を応援します。