Yoga Teacher Training 
MereLiye RYT200|CTJE-YT
コンセプト

 

メレリエ ヨガ資格
全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター養成講座 

 

 
ヨガの需要は高まると共に
多様性を増しリハビリなどに
応用される事が
近日増加傾向にある事は確かです

 

ただ、残念ながら現在もなお
養成のスクールによって
インストラクターの技術や知識の
格差が発生し続けている事は事実です
  
メレリエはパフォーマンスや修行系ではなく
現在の根拠(論文ベース)で整合性を中心に
現場で応用できるように教示させて頂きます
解剖学をすでに履修された専門性を持つ人々に
低コストで
無駄が無く合理的な応用技術としてのヨガを
社会に還元して頂きたいと言う本気の思いで
開設させて頂いたコースです
 
スケジュール
全米ヨガアライアンス認定
インストラクター養成講座東京
医療従事者特待コース
短期・長期有
【RYT200/CTJE-YT】

RYT200
CTJE-YPT

クラスは通常クラスに入学です


全米ヨガアライアンス認定
インストラクター養成講座 東京
医療従事者特待コース
短期・長期

【RYT200/CTJE-YT】
【講座開講日程】

RYT300
CTJE-YPT
 
 クラスは通常クラスに入学です


MereLiye
RYT200  CTJE-YT
取得費用・受講料金
 
RYT200/CTJE-YT
短期・長期
テキスト代他費用すべて含む 
260,000円
(税込) 
 
MereLiye RYT200/CTJE-YT
養成指導講師
.
解剖学(解剖学の基礎 ・専門学用語 ・動きの平面 ・身体部位の位置を表す言葉 ・関節の動きを表す用語 ・人間の骨格 ・骨・関節 ・可動性(滑液性)関節の種類 ・靭帯 ・脊柱 ・椎間板の解剖学・椎間板の生体力学・膝関節・筋肉・筋収縮の種類 起始と停止・筋肉の強さを決める要因・主動筋と拮抗筋の関係・筋膜・骨盤底・運動神経 ヨガが神経に与える影響ストレッチ)
アーサナ(座法・立位・前屈・後屈・捻り・側屈・逆位・バランス・生体力学・アーサナを行うときの注意点)加減法、道具を使ったヨガ/太陽礼拝A・B
フローの作り方・ヴィンヤサ(効果的なヴィンヤサの作り方)
歴史・哲学・道徳倫理・社会学
アジャスト・ボディタッチ(アジャストの重要性 ・危険性 アジャスト基礎ポイント・ 実技によるアジャストの練習 )
クラスメイキング・ティーチングメソッド(クラス・プランと組み立て方・ポーズとカウンターポーズ・ウォーミンク・アップとクール・ダウン・キューイング(キューの出し方)の概要 キューイングの目的 ・呼吸のキュー ・レスポンシブキューイング・応答キューイング・ビジュアライゼーション(視覚化)/ヨガで使うイメージとその効果・デモンストレーション
運動学・アライメント/(アライメント(整合性)に対する理解を深める・基礎である足 足の解剖学・アーチ(土踏まず)・足首 足の動きの種類・体重配分・脊柱のアライメントにおける重要な原則 重力と構造・ボディ・リーディング・中心の安定性 ・下肢帯 ・上肢体 ・上肢体の解剖学 ・機能上のデザイン )
実践ティーチング/トラブル対応
ティーチャー理論(教えることの責任)
プラーナヤーマ(呼吸法・調気法)/完全呼吸法・ ナディショーダナ・スーリヤベーダナ・チャンドラベーダナ・カパラバティ・バストリカ )
 
・RYT200 LV1の復習
【Ⅰ生理学】
生理学の基礎・循環・呼吸・消化と吸収・代謝・体温・排泄・内分泌・生殖・成長と老化・神経・筋・運動・感覚・生体の防御機構・身体活動の協調
【Ⅱ解剖学】
運動系1・骨格系・2・人体各部の骨格・.筋系・身体各部の筋・内臓系・.総論・消化器系・呼吸器系・泌尿器系・生殖器系・腹膜・内分泌系・神経系1・神経の概要・中枢神経系・末梢神経・感覚器・視覚器・平衡聴覚器・皮膚・味覚器・嗅覚器 
【Ⅲ運動学】
上肢帯と上肢の運動・肘関節と前腕の運動・手関節と手の筋・下肢帯と下肢の運動・体幹の運動・顔面および頭部の運動・運動と動作の分析・体力と運動処方・姿勢・運動学習・人体解剖学概説
1.人体の構成の概要・2.人体の発生・脈管系
1.血管構造・2.血管の走行・3.栄養血管・4.心臓・5.肺循環と体循環・6.動脈系・7.静脈系8.胎児循環・9.リンパ管系

 

【オプション】
・介護サポート・リハビリのサポート・社会貢献
MereLiye
カウンセリング/説明会
ご相談フォーム
少人数制個別指導
基礎徹底
 
または 03-5547-3380
入学手続きと同時に一般クラス受け放題
卒業以降養成講座見学無料で
知識を補完
 
MereLiye
Studio Facilities 
.
.
ヨガインストラクター
継続教育・スキルアップ講座
より知識の追求と研究への参加

 

CLUB TECHNIQUE JAPAN EXPERT
アナトミーエキスパートコース
解剖学・運動学・生理学のエキスパートが
全ての運動を網羅する。