ヨガ資格|ヨガインストラクター養成講座東京|RYT200|少人数制|短期・長期
メレリエ スクール オブ ヨガ
CONTACT☎03-5547-3380
 
 .
 
  Start date
.
  

RYT200(日程)

★2019年9月2日第36期短期残席1


★2019年9月22日第38期日曜長期残席1


2019年10月7日第39期短期残席3


★2019年11月25日第40期短期


★2019年11月27日第41期
水曜・金曜平日夜間長期コース(新設)


 
 
短期コース | 4名|3週間
 長期コース | 4~6名| 6ヶ月
 
Charge
RYT200
 知識を満たす少人数制 
 受講料金432,000円
申込完了から卒業後3ヶ月(短期は5ヶ月)
オープンクラスの受講がフリー
さらに、卒業後に知識の補修の為なら
その後の養成講座の見学無料 
少人数制個別指導
基礎は必ず生きてくる
詳細は📞03-5547-3380
メレリエ スクール オブ ヨガ

①運動学の理解を深め、安全を重視した
レッスンを行う事のできる指導者の育成

アライメントという言葉を耳にしたことはありませんか。アライメントとは実は解剖学に沿ってアーサナを創っていく整合性を意味します。それぞれ違う生徒の身体を観るインストラクターとして活動していくにあたり、レッスンを安全に且つ効果的に導くためにとても重要な細分化された知識です。メレリエ指導者養成講座では、それぞれの「アーサナ」と「呼吸法」の連動に対して身体機能学や解剖生理学的視点をより深め1人一人身体の違う生徒にどう対応するかを合理的に講義し研究していく基礎を徹底しています。そうする事でより具体的にそのポーズが筋肉と骨、内臓にどういう影響を与えているかを理解でき、より生徒に対して安全を重視したインストラクションをできる力が身に付きます。

②オリジナルテキストを使用。
テキストは一生モノだから上質なテキストを。「卒業後に何度読み返しても役に立つ」
がコンセプト

 
講座を無事に修了し、資格を取得した後も学びの継続は続きます。貴方はテキストを開く度に、以前気づかなかった気づきを感じることができるでしょう。また、貴方がインストラクターとして活動を始めたときにもテキストが助けになるでしょう。講義が開始された段階ではテキストの内容を理解できないと不安を感じることがあっても講義が修了する頃にはテキストがスラスラと理解できるようになります。ご自身の成長を実感することができる瞬間だと思います。 

テキストはフルカラーで図解を散りばめながら解りやすく!

意外なことに、フルカラーのテキストはあまりありません。フルカラーだからよいということではありませんが、やはり見やすく記憶に残りやすいものです。色でどこに何が書いてあるのか覚えていることもあります。また、勉強中はやる気も変わります。真っ黒なテキストだと、勉強を始めるまでに覚悟が必要ですが、フルカラーだと開いたその場から吸い込まれるように集中して楽しみながら学習ができます。また必要なことを集約する要点を絞って内容を凝縮させているのと、文字より図説を多用して説明することに重点をおいています。学習中に自分の言葉で、講義の内容をメモしていくことにより、さらに自分だけのオリジナルテキストを作ることができます。これは卒業後にテキストを読み返したときに常に講義内容を記憶から呼び出す手助けになるでしょう。講義の中で、自分だけの一生モノのテキストを作っていきましょう。

全米ヨガアライアンスとは

全米ヨガアライアンスとは一言で言うと、《世界で一番知られているヨガの資格》で、世界のヨギー&ヨギーニがその取得を目指す資格です。90年代にアメリカで、異なるヨガ団体を合併し設立された、世界規模のヨガ協会です。質の高いインストラクターや教育者を養成するためにカリキュラムに基準を定め、その普及を促進しています。またその認定書は世界70ヶ国以上で認知されており、登録されると、認定ヨガ指導者として登録され、ヨガアライアンス認定指導者として活躍することができます。

全米ヨガ資格を取得するということ

全米ヨガアライアンスを取得するということは、世界を旅するパスポートを取得するということに似ているかもしれません。世界中で通じる資格であり、協会が定めた一定の基準、時間数《200時間》を満たしたプログラムを受講したという証明になります。日本はもちろん、世界各地のどのヨガスタジオでのレッスンやオーディション参加にも自信をもって挑めます。

.
 
 
 
 
.

 

 
 
 
.
 
【2020年中旬に向けメレリエは RYS200からRYS300・RYS500へ移行準備を開始しました】

ヨガアライアンスがヨガインストラクターのレベル低下に伴い解剖学の徹底改善処置を始めました。それならば当校の機能解剖学特化型が生きてきます。従ってRYS500の認定校になり貢献する意義が発生した為決定致しました。

RYT500に関しましては、今後は他分野との連携、多様化の時代に向け、より理学的エビデンスの応用が中心のカリキュラムを充実させる事を約束します。 ヨガの運動学は全ての分野に対応可能です。今後ともヨガアライアンスとパートナーシップに則り世界中に誇れるヨガを牽引するモデル校として、他分野をフォローできるハイレベルのインストラクター輩出に努めます。
.
中村尚人
オフィシャル
ウエブサイト
理学療法界に最近ヨガの導入が始まった。
独自の研究ルートを持つメレリエ
であるが、中村尚人氏の存在と動向には
注目している。
福島沙季 理学療法士 
 
現役理学療法士で 
メレリエで物理ヨガの新展開の架け橋 
医療従事者の人脈と経験で 
メレリエの中核を担いながら 
学び続ける。 
PTジャーナル他、理学論文が 
取り上げられている